ギフトは贈る相手の事をよく考える

ギフトは贈る相手の事をよく考える

ギフトを贈る際は配慮を欠かさないようにしましょう

ギフトを贈る際によく言われる言葉に、「自分が欲しいと思う物を」というものがあります。確かに、自分が欲しいと思わない物は総じてつまらない物、不要な物である可能性が高いですが、必ずしも「自分が欲しい物は相手も欲しい」とは限りません。自分が欲しくても相手が欲しくない場合もあるのです。では、どのようにして相手が欲しい物を考えればいいのでしょうか。

そのヒントとして贈る相手の家族構成があります。子供が多ければお菓子や料理に使える調味料の詰め合わせ、洗剤の詰め合わせなどが喜ばれるでしょう。逆に一人暮らしでも洗濯物の量は少ないですが洗剤なら使えるでしょうが、料理はあまりしない可能性もあるので調味料は向いていません。しかし手軽に食べられるようにと、お茶漬けの元の詰め合わせなどなら使えるかもしれません。このように家族構成を考えればある程度ならギフトを絞れます。

ある程度絞った後は、その商品のグレードを考えていく必要があります。あまり安すぎるのは目上である上司や先輩には失礼にあたりますし、かといって高価過ぎる物はかえって気を遣わせてしまうのであまりお勧めできません。それは友人同士や親戚の間柄であっても言えることで、良い物を贈りたい気持ちをある程度抑えていきましょう。

Copyright 2017 ギフトは贈る相手の事をよく考える All Rights Reserved.